Link

Joy Bryant Launches Basic Terrain Collection

Photo
(via Mortimer Of The Maghreb - Fonts In Use)
Quote
"しょせん男は女から生まれたとよ。夏の一か月、男を遊ばせてやって、残りの一一か月、しっかり働かせると。そっちのが得なんよ"

— やさしさグルグル

Quote
"小保方さんのように世紀の大発見をするには誰もがあり得ないと思うことにチャレンジすることが必要だ。でもそれは、若い研究者が長期間、成果を出せなくなる可能性があり、その後の研究者人生を考えればとても危険なこと。トライするのは並大抵の人ではできない"

小保方さん、熱意違った…共同研究の若山教授 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Quote
"みなさん、アメリカはプレゼンがうまいので、だまされてるんですよー。
ここは後進国ですよー。
今日の教訓 アメリカは先進国のふりをしている後進国"

海外研究者のありえなさそうでありえる生活
みんな思っていることは一緒なのね 笑

Text

しかし、謝罪をひっくり返す政治家がしばしば現れ、周辺国を心配させている。こうした心配を解かずに、積極的平和主義を唱えても、日本が守ってきた戦後の平和主義とは異なる『侵攻的』な概念ではないかと、不安を感じざるを得ないのです

Link

「きらい」というネガティブな反応が、

フィルタリングされずに感情として現れるのは、

良し悪しを精査する余裕が心にないからなのではと思う。

あと、「○○がきらい」と反射的に出てくるものは、

心理学の交流分析でいうラケット感情のようなもので、

これまで生きてきたなかで付けてきた心の傷が原因している。

ぼくには勝手なイメージがあって、

愛のエネルギーを流すパイプがあって、

パイプに傷があると、傷からエネルギーがピューッと漏れる。

漏れたエネルギーは愛に似ているけど執着のようなもので、

それは売り物になったり人を惹きつけたりするけど、

よい結果にはならない。生は一向に満たされない。

ビュウビュウ漏れれば漏れるほど、

きちんと出力される愛はどんどん少なくなる。

傷が多い人は、余計な箇所にエネルギーを浪費して生きづらい。

なんの話だっけ。とにかく、傷を治すことだ。または、

傷をきちんと認識して本流へのバイパスを作ること。

Photo
Pop art make-up (via 35 Halloween make-up ideas for men and women from 2012 |  Minimalisti.com)
Text

学生運動が失敗した後くらいからだと思うんですけれど、日本では一生懸命にやるのがカッコ悪いという風潮が出てきましたよね。努力を見せず、軽くこなして成功するのがカッコいいというような。その影響も多分にあるのかなと思いますね。米国には、まだ一生懸命にやることが成功につながるという伝統が息づいていますから、1つのことに没頭したり、寝食を忘れて集中するということに偏見はありません。

Photo